軟水と硬水の違い

軟水と硬水 同じミネラルうぉたーなのにどこが違う?比較表を作ってみました。

水の不思議、軟水は赤ちゃんでも飲める柔らかい水です。
硬水は知ってる限りではダイエット用のコントレックス。水の味に癖がありますよね。

 

 

軟水

中硬水

硬水

硬度(mg/L)

0~100

101〜300

301~

※日本では〜100までを軟水と呼んでいます。

 

 

 

軟水

硬水

まろやかで口当たりもよく飲みやすい 苦味を感じるのはマグネシウムの量が多いから。硬度によって独特の風味あり。

適した使い方

お茶、紅茶
日本食の料理用として(ご飯、味噌汁、シチューなど)
赤ちゃんの粉ミルク用

味に癖があるので単独で飲用が好ましい。

備考

硬水に比べるとミネラル含有が劣るので、体質改善の効果も少ない 体質改善や健康維持に効果的ですが飲みなれていない人は味に抵抗がるので徐々に硬度の高いものへ変えていくのがベスト

 

 

軟水と硬水は地層のミネラルの吸収の違いにより分かれます。
日本は山林が多く雨が降ると山から下流へと水は勢いよく流れて行きます。
そのため地層によるミネラルの吸収は少なく、軟水になることがほとんどです。

 

ヨーロッパのように平野が続く地形では雨が降ると水はそのまま地下へと浸透しますが、
じわっと時間をかけて浸透するため地層のミネラル分の吸収が多くなり硬水となるのです。

 

 

 

>>>次ページへ(体内水分量の不足が体調不良のもと)

 

>>>TOPへ戻る

 

水の豆知識-P3