水道水がまずい

水道水がまずい!その原因は水道法にあり

 

水道水はまずい。都会の人ならほとんどの人が口にする言葉だと思います。
地方都市に行けば都会に比べれば味のまずさは感じられませんが、でもペットボトルに入って「○○市のおいしい水道水です」と言って売られているのにはびっくりしました。

 

ある地方都市の市役所に行った時に喉が渇いて購入したのですが、他には売ってなかったのでしかたなく買いました。予想どおり市販されてるミネラルウォーターにくらべたら味は当然ながら落ちました。

 

なぜ水道水はまずいのでしょうか。
それは殺菌のため大量の塩素を投入しているからです。日本の水道水は海外に比べ塩素注入量が多いようです。なぜそこまで、という理由ですが、日本の水道法で厳しく規定されてるからです。

 

水に投入された塩素ですが、水をまずくする以外に人体にも大きな影響を与えます。
水源から混入した汚染物質と塩素が結合すると様々な有害物質が発生します。中でも発がん性物質のトリハロメタンの発生です。トリハロメタンはがんだけではなくアトビー性皮膚炎やぜんそくを悪化させ、集中力を低下させたり、倦怠感や疲労感、いらいらなどの精神障害を引き起こす可能性があります。
またトリハロメタンの濃度が高い地域に住む女性は流産や死産の確率が高いことも研究結果として発表されています。

 

原発事故後には水道水から放射能が検出され、大きな社会問題になりました。こういうことから水道水は少々まずいけど安全ということはもはや言えなくなりました。

 

口にする水だけは自己防衛のために自分で安全と思うものを見つけて家族がみな健康であるために利用したいものです。

 

海外では飲み水は購入して飲むのが普通とされています。
日本もそういう時代に入ったのかもしれません。

 

 

水道水,まずい,安全

富士山の天然水

 

 

 

 

>>>次ページへ(水の種類について何種類あるか調べてみた)

 

>>>TOPへ戻る

 

水の豆知識-P11